イイヒロ プロフィール 幼少~結婚

この記事は約4分で読めます。

僕、イイヒロのプロフィールを書き記します。自分で言うのもなんですが、ほんと我慢しまくる学生時代を過ごしてましたねー😨

※この一番下に生息してました

小学校~中学校の二年まで、とある都内のサッカークラブチームに所属しておりました。父親の強制でやりたくもない習い事を嫌々やらされておりました。

とまあ、小学校までは和気あいあいと楽しくサッカーをしていたのですが、中学時にサッカークラブチームで中々厳しいイジメや嫌がらせに遭いまして、かなり病んでおりました。 中学二年頃についにその影響がプライベートの生活にも出始めました。

授業中にお腹を壊す、授業中に朗読を指名されても緊張して声が震える、または読めなくなってしまう。人がいると落ち着かずトイレの個室に籠る日々。

決していじめられはしないのですが、自分では必死に学校のヒエラルキーの中堅層に居続けるために苦心をしました。

今だと病名がしっかりとあって、『不安障害』というそうです。

不安障害について | 不安障害とは? | こころのスキルアップ・トレーニング
行き過ぎた不安を感じるようになった状態を「不安障害」と呼びます。ここでは、不安障害について解説しています。

いやあ、当時は本当にメンタルをやられてましたね…そのメンタルを癒すために、とあるダチと違う方向の趣味に目覚めてかなりコアな趣味嗜好を楽しんでおりました😝

ナイフ研ぎや、投げナイフ。よく分からない肉体鍛練や、格闘訓練。今でいう中二病ですねー笑

だが、心の病は高校に進学しても治らない。出席番号と日にちの関係で朗読が当てられそうな時は、授業を休んでおりました。

これは、不安障害と戦う当事者でなくては分からない世界です。他の人達にはこの苦悩を理解は出来ないでしょう。

早まる心臓の鼓動。痛いくらいの鼓動を我慢して、自身が朗読を当てられるかどうかを待つ時間。

同じ症状を持つ方がいらっしゃるなら、このブログの続きを見て、是非安心してください!!

不安障害は薬やカウンセリングでも改善されると言いますが、『今後の生き方』でも十二分に改善されます。

シンプルに言えば、『不安に感じる余裕がない状況』に自分を追い込むということをしました。効果てきめんでしたね。

大学に進学し、とある打撃系の格闘技の部活に入りまして、病んでる気持ちのまま没頭しておりました。

毎日、顎を蹴られ気絶、腹を蹴られ悶絶しまして、病んでるところにさらにストレスが重なりました。日中は大学に行かず、ずっと布団にこもり、夕方部活に行ってボコボコにされる日々。

ただ、人間というのは、どんな環境にも慣れるように遺伝子設計されております。

痛みを与えられ苦しいのならよりタフネスな体に。打撃が見えないのならそれを知覚する反射神経を。我々の身体は裏切りません。それは精神も一緒です。

僕は、その時に肉体面メンタル面での『反撃の狼煙』を上げました。

極限の環境で、極限の披露、極限の精神状態が重なると…人間は変身します。

連戦連勝の強モノ、強者と戦うとより燃える、痛みが快感になるという変人に。

こうなると、精神面でも変化します。自分というものに自信をもち、その戦ってる時は何もかも揺るぎなく戦うことができる。

このとき、『不安障害』というものが消えてなくなっておりました(数年間は…)

大会や選考会で連戦連勝、就職も自分の第一志望の道へ一発合格。

この先、順風満帆な人生になると考えておりました。

体育会系公務員になり、気合いと根性で頑張り、数年後には内勤への道も見えてきました。

が、ところがどっこい…

このタイミングで自分自身のプライベートのいざこざが絡んできまして、失意の中に退職することとなるのです。

ここから脱け殻の転落人生の始まりですね。年収的にも、社会的な知名度的にも、あまり良くない仕事を転々として今に至ってる訳です。

妻と結婚するときに思いました。

『このままだと幸せにできない…仕事ではもう前職のように尊敬されるような職業は就けないから、せめて資産という面においては楽をさせてあげたい』と!!続く

イイヒロ プロフィール 結婚~現在
の続き。 妻と結婚し家族のために、【お金の教養】と【投資】の勉強を開始しました。 妻と二人でFPの主宰するセミナーに参加して、【複利】と【積み立て投資信託】の存在を入手しました。 すぐさま、セゾン投信という積み立て...

 

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング
タイトルとURLをコピーしました