スポンサーリンク

売掛金の恐怖…振り込みは忘れないで…

仕事全般
この記事は約3分で読めます。

売掛金…これは普通に暮らしているサラリーマンの方々は御存知かつ馴染みのあるモノだと思います。

大半の方々が、会社の豊富な資金を使っての取引をすると思います。

そして、経理部門を通してその契約に則した期日に支払いをします。

ただ、中小企業の経理がまともに存在していないような会社ですと、社長さんや各担当者が【各自】に振り込みをするケースもあります。

その場合、繁忙期などですと、ついつい忘れがちに成り得ると思いますが、これは振込を待つ零細企業からしたら【相当な恐怖】な裏切り行為となり得ます。

※我々も支払い遅れた側として、とても反省しております…

企業 請求書の支払いの遅れ
いやあ、とても良くないことが起きてしまった… とある業者さんに切実に神妙に注意を受けてしまいました… それは、 【請求書の期日の遅れ】 でございます。 それも、かなりの複数回続いてしまっているらしく、その業者さんの社内...

支払いの遅れなんて社会人としてあり得ない…ほんとにあり得るの?

という質問がサラリーマンや安定企業にいらっしゃる方々から来そうですが…実際に起こってます…

創業期の会社は毎日がトライ&エラーの連続で、現場に全員で入ることもざらにあります。

口頭では間違いなく忘れるので、データに残して共有していても、人間極限状態ではとても大事なことでさえ忘れます。むしろ、創業期で会社のシステムが出来きってない状態で、様々な支払いを遅延なしで完遂できる方っているのでしょうか?

※いたとしたらめちゃくちゃ尊敬します……( >д<)、;’.・

ただ、

入金期日の振込忘れ…

これは、場合によっては会社が潰れてしまいかねません…

契約遵守を条件にお付き合いをしている中で、さまざまな案件を平行して行います。僕の所属している業種ですと、繁忙期はそれはもうものすごい金額が動きます。

そんな中で、かなり大きな金額の案件の支払いが遅れた場合、その他の色々な支払いに支障が出ます。他の案件で資金を投入している場合、外注先にし払えない、人件費すら危うい場合も起こります。大事な人脈の関係が壊れたり、最悪、黒字倒産したります。

それは、潤沢な資金が出来たときでさえ同じです。

やはり、【繁忙期の大きな案件】については致命傷になり得ます。

トラブルがあって支払いが遅れるのは仕方ないのですが、

あらかじめ遅れることを相手方に報告して下さい。

振込日であろう日に入金がないと相当焦ります。

二週間前には連絡ください!!(笑)(;´д`)

逆に、契約で決まっている期日よりも支払いを早くして頂けると、零細企業はめちゃくちゃ助かります。

職人さんや零細企業と付き合いがある方、早めの入金をよろしくお願いします(笑)

投資家の皆様、案件に対して早めの入金をすると、不動産会社さんや職人さん方からVIP扱いされるかもしれません。

また、これから起業される方、売掛金の恐怖は間違いなく起こります。それに備え、少しでも現金を留保しておいてください。

話の締めとなりますが…

家庭でも投資でも事業でも、現金こそが最強でございます。

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました