スポンサーリンク

退去精算(退去立ち会い) 壁クロスについて

リフォーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

引越シーズンの到来

2月後半~3月~4月上旬に掛けて、リフォーム会社は繁忙期となります。

そして、各家庭・各企業様の方で引越をする際に、

基本的には『退去精算』のための【お部屋の退去立ち会い】をするケースが多いと思います。

不動産会社、不動産管理会社、請負のリフォーム会社

などがその業務に当たります。

その際に、退去精算の際に特に狙われやすい箇所、

つまり、入居者様の

『負担になりがちな項目』

がございます。

それは、壁クロス(壁紙)です。

壁クロスについて

クロスについては、

『補修できない傷』や『落ちない汚れ』

など、もし小さな傷や汚れであっても賃貸借契約書の特約によっては、小さな傷汚れでその壁一面の張替を請求されることがあります。

※逆に業者側からの請求が容易な為、壁クロスや床CFには6年で残存価額が1円になるなど、耐用年数の細かい取り決めがあります。

対抗するためにもしっかりと理論武装をしたほうが良いです。

業者によっては色々と項目や金額でふっかけてくる悪徳業者も多数存在します。

もうすぐ引越&退去立会が迫っている読者様、下記の

【国土交通省のガイドライン】

をしっかり熟読した上で退去立ち会いに挑んで戴ければと思います。

不動産管理会社の時に、退去立ち会いを200件以上こなして来ましたが、皆様ガイドラインについて無知な方が非常に多いです…

⚫オーナー負担を出したくない
⚫会社の売上に貢献したい

という思惑の退去立ち会い担当と当たってしまった場合、本当に良いようにカモにされますので、

どうか御自身で【ガイドライン】について学んで頂きますようよろしくお願い致します!!

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました