スポンサーリンク

転職者必読 僕たち弱者の人付き合いについて

ブラック企業
この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

僕らは弱者である

ちょっと変な題名になってしまいました。

題名の通り、基本的に

僕らは弱者です。

といっても、

【弱者優しい人間】でもあり、決して悪いだけではありません。

※強者=粗暴な人間という訳でもないのですが…

ただ、普通に生活していて、

学校や職場や交遊関係で割りを食うのは我々【弱者】です。

 

僕のクソスキル

 

僕は今まで弱者として、様々な分野の企業や職場を転々としてきました。

あ、ちなみに僕は、

【ドモリ、滑舌悪、赤面症】

などなど、対人におけるクソスキルを複数持ってます。

もう読者の皆さまに公表するのがお恥ずかしいくらいのクソスキル。

そんな僕でも、なんの因果か、

学生時代の部活や企業等で良い役職

を与えて貰えました。

※決して、そのポストが嬉しかった訳ではありません…逆に重みになってましたが…

クソスキルを複数持つ僕が今まで転職を繰り返してきて得た知恵

【組織での弱者の快適な生き方】

を読者の皆様にお裾分け致します。

 

押し付ける気はさらさらないですが、もし、僕と同じく弱者で、

⚫弱者の生き方に悩んでいる

⚫強者に一泡ふかせたい

⚫新しい環境に順応できない

などと言った方がいらっしゃいましたら、以下を軽く読んでみてください。

弱者の生き方

我々弱者は、心が弱い。

弱いけど鍛えられない。

そして、強者を恐れる。

さらに弱者の群れから弾かれるのを恐れる。

まさに堂々巡りです。

負のスパイラル…

しかし、この弱さ、弱者であることは果たして本当に悪いことですかね?

ここで大事なことをお伝えします。

それは、

①『弱さを認め是とする』

②『使いこなせば弱さすらも武器にできる』

③『プライドなど犬に食わせろ』

でございます。

発想の転換

今まで、色々な仕事をしてみて、ドモリと滑舌の悪さは僕にとって欠点でしかありませんでした。

※赤面症はそこまでは(笑)

クソスキルのことを考えれば考えるほど悪化する魔のスパイラル。

しかし、とある段階でその欠点は

『武器に成りうる』

ということを痛感します。

 

ドモる、滑舌が悪い

→話が上手くない

=ライバルたちよりも口が上手くないけども、業種や職種によってはそれが【信用できる人間】

と捉えられることが多々あります。

逆説的にいうと、

【営業】という職種においては、頭が回り口が達者な人間=【強者】『詐欺師的に詭弁を弄する人間』と捉えられ、

話ベタな我々【弱者】は逆説的に『信用できる人間』となり得るのです。

このことを、最近営業マンになって痛感致しました。

御客様は、頭が回り口も回る曲者揃いのベテラン営業マンではなく、

営業初めて半年足らずの訥弁営業マンを可愛がってくれるのです。

逆転現象の有効活用

この逆転現象を有効活用すると、人間関係でおいても、

【目立たず集団の中のレア(希少)なキャラクターを目指す(※節度を保ちつつ)】

のが宜しいかと思います。

周りが華やかな話好きな営業マン揃いであれば、

自身がいくら地味でも

【目立たずしっかり話を聞く】

キャラクターであれば、しっかりとした居場所ができます。

ちゃらんぽらんな職場であれば、

【見えない場所でしっかり仁義を貫く】

お堅い職場であれば、

【バレないところでおちゃらける】

 

など、自分のキャラを設定するのです。

成績アピール合戦が凄い職場であれば、

【周りを褒め称えながらも自分自身は一切アピールしない】

など。

また、基本は、自分自身の性格にあった仕事を選ぶ筈ですが、

仕方なく正反対の仕事を選択する場合もあり得るかと思います。

そんな時は、無理にキャラを変えずに上記レアキャラ使いになるというのも良いかもしれません。

ただし、『基本的には礼儀正しく、温厚なキャラクター』でないと厳しいと思います…

プライドははっきり行って邪魔です。プライド=傲りとなります。

【強者】のプライドは有用な武器になると思いますが、

【弱者】にとっては大いなる弱点になります。

例えば、僕で例えると、

滑舌や赤面症が悪いことを指摘された場合、そのことに対してプライドを捨て去っているので、笑い話に代えられます。そして、それを相手が『こいつ器デカっ』と勘違いしてくれることも有り得ます(笑)

しかし、プライドを持つ場合、【強者】の場合徹底的に相手に噛みつくのかと思いますが、

【弱者】だと、心にダメージを受け落ち込み余計に滑舌が悪くなります。それは相手にとっても『あ、こいつ、付き合いづらいわ…』と悪影響を与えかねません。

⚫プライドを持つ【強者】【弱者】

⚫プライドを捨てた【弱者】

やはり、【プライドを捨てた弱者】が一番愛されるのではないでしょうか?※プライドを捨てた強者というのは存在しないと定義してます。強者=プライドですので。

ここで一つ。

プライドを捨てたとは言え、我々弱者も人間としての尊厳は持っております。人の子であり、親であり、友人であり、子孫でもあります。

特定の人物からの【いじられる】という行為が度を越えた場合、

回りの【弱者】と仲の良い【強者】の手を借りて徹底的に除外しましょう!!!

まとめます。

①職場では表では柔らかく礼儀正しく・裏ではレアキャラを目指す。

②弱者と強者(相性の良い)を仲間に引き入れる。

③プライドは捨てる

④長所は隠し、短所を武器として使う

⑤ムカつく強者には他人を使い裏から仕返しをする

これだけで、まあまあいじられますが快適な会社生活を送れます。

どうか参考にしてみてください!

 

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました