スポンサーリンク

車両保険 追突事故被害について~【5】

その他
この記事は約1分で読めます。

本日も事故について書き記していきます。
今回のテーマは『お金』です。
日本では被害にあったら慰謝料を請求する権利があります。
それは、事件でも事故でも同じです。
ただ、判例などにより相場が決められています。
人身事故の場合の慰謝料の定義は、
【治療費+入院雑費+休業損害+入通院慰謝料+後遺障害慰謝料(死亡)】を足した総額の損害賠償額を指します。
続きまして、皆様が一番気になるであろう、入通院慰謝料について書いていきます。
自賠責保険では、1日あたり一律4,200円の支給額が決まっており、これに治療の期間を足して総額を出すことになります。

自賠責保険での「治療期間」には2つの計算方法があり、
1:入院期間+通院期間
2:実通院日数(入院期間+通院期間の中で実際に病院に通った日数)に2を掛けた日数
この2つの計算式を比べて、日数が少ない方を採用しています。
『例』交通事故の治療で、通院期間が90日間(実際の通院日数が50日)だった場合
1→入院期間0日 通院期間90日
2→実際の通院日数50日×2=100日
となるので、数字の少ない1の、
90日×4,200円=378,000円という数字になります。

ただし、自賠責保険は1人あたり最高1,200,000円までしか出ないので、計算の結果それを超えるようであれば、 越えた部分に関しては任意保険or加害者に請求する必要があります。

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング
タイトルとURLをコピーしました