スポンサーリンク

車両保険 追突事故被害について~【3】

その他
この記事は約1分で読めます。

続いて、その後のお話です。
担当医からの診断書はしっかり確認すべきです。私は、上半身全てに痛みがあるのに、また、しっかりそのことを申告したのに、診断書には『頚椎捻挫』だけしか書かれていませんでした。それを確認できたのは、診察終了から30分以上待ち続けた会計のときで、「この内容で間違いないですか!?」とサッと見せられ、もうこちらは疲れて「大丈夫です。」としか言えませんでした。
皆さま、必ず、診断書は確認してください。間違いなく後悔します。
続いて、被害にあったのが新車の場合、縁起が悪いからなどの理由による、新車の買い直しは認められません。
任意保険会社によると、修理不可能なくらい全壊していなければ、買い直しは出来ず、見積の修理代金までしか払えないそうです。
散々保険会社とやりとりして、事故を起こした相手に交渉しても、全く無駄でした。こういうときに、前回お話した『弁護士特約』があれば、代わりに交渉してくれたのでしょう。
被害にあったのが新車の場合、被害者は、泣き寝入りをすることになるようです。
その分の労力を、心身の回復に費やしましょう。

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング
タイトルとURLをコピーしました