スポンサーリンク

警察・逮捕術について考察

警察
この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

逮捕術の歴史

 

元々、室町時代の素手による捕縛術

【捕手術】が源流。

その後、江戸時代の与力同心が体得していた『剣術・柔術・居合・棒術』などの複合武術となり、

明治、川路大警視が1887年の西南戦争で剣術の有効性を認識し、剣術に特化させた『警視流』を創設。

さらに、昭和に初期に掛けて『警視流』に、

『柔道・剣道・杖術・柔術・ボクシング』のエッセンスを取り入れ発展。

そして、昭和中期に現在の形式である、

【徒手(日本拳法)・警棒(剣道)・警杖(杖術)】

となる。

室町から続く、治安維持のために進化し続けた『総合武術』である。

※全警察官必修

日本拳法とは?

日本拳法の歴史 | 一般財団法人 日本拳法全国連盟
一般財団法人 日本拳法全国連盟

実際の大会では

福岡)警察官の「逮捕術」ってどんな術

と、カッコ良く言ってみたものの、実際の警察の逮捕術大会に出てみると、

【徒手→柔道家の投げ、ボクサーのジャブ&空手順突き】
【警杖→剣道家の面(逮捕術では肩に)、剣道家の小手】

『決まり技』が大体決まっていたので、やはり各武道・格闘家の経験者が試合に勝っておりました。

しかし、【警棒術】だけはかなりクセモノでした。

警棒vs警棒  の他、

警棒vs短刀 もありました

剣道・杖術の『間合い』でもなく、ボクシングやましてや柔道の『間合い』でもありません。

マニアックな武道ですと、
【小太刀・短棍】
もしくは
【やくざの短刀・軍隊のナイフ】の間合いでしょうか。

基本的に、その『警棒の間合い』は【皆、初心者】なので、いろいろな種類の武道家達が入り乱れ、かなり面白い乱戦となっておりました。

『柔道家vs剣道家、レスラーvsボクサー』

などの【警察内異種ルール試合】として熱狂しておりました。

僕も、昔、署対抗団体の逮捕術の大会では、
この【警棒術】の競技でエントリーしてました。
『テコンドー使い』として、柔道家には勝ち、剣道家には負け一勝一杯でした。

※ちなみに短刀の場合は殺し技があ、相手の背面をとって背面を突いて『ハイメーン』と掛け声掛けると一撃一本でした。

実戦での逮捕術は

逮捕術において、冷静に考察すると、

⚫日本の警察というものの【実戦】を考えると、【対刃物戦】が一番数多く起こり得る。
⚫そして、拳銃は一先ず置いておいて、警察官が常時肌身離さず身に付けている装備は『警棒』である。

この2点の観点から、

この【警棒術】が、日本の警察においては一番重要であると考えられます。

 

我々、一般市民も防衛策を…

 

警察のみではなく、我々一般市民も

【 vs刃物】

 

これが一番身の回りに起こり得る『命に関わる実戦』なので、

治安当局からからの助けが来るまでの短時間、己の身を守るための防衛策を考えておくことが重要となります。

 

基本的には逃げるのが上策ですが、

背後に子供や女性がいる。

すでに逃げ場がない。

このような場合は、

 

刃物を持って襲ってくる暴漢に対して、

持っているカバン

スマホ

財布に入っている小銭

落ちている石

停めてある自転車

など、時間稼ぎのために使えるものは何でも使う…という『心構え』

これを持つだけでも、己の命を守ることに繋がります。

 

関連記事⏬

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました