スポンサーリンク

現役警察官の方 転職について

警察
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

現役警察官で転職をお悩みの方

 辞めたほうがいい?辞めないほうがいい?

現役で警察官をしている方で…
もし、

 

転職しようか…どうしようかな…

 

と悩まれている方いらっしゃいましたら、

 

【勿体ないから辞めない方がいい!】

 

と断言させて頂きます。

 

そもそも警察の仕事とは?

 

警察の仕事は、常時、責任感を持ち続けねばならず、『公共の福祉』を守るためミスは許されない過酷な仕事です。

さらには、人の生き死にや犯罪など人の『今後の人生』に大きく関わる、【使命感が必要】な崇高な仕事であります。

 

一方、民間企業の仕事とは?

 

一方、民間企業の場合、会社のために『利益の確保』をしなければならず、
各個人が

 

【実績や売上】【ノルマや営業成績】

 

シビアに追求されます。

 

警察の実績への【追い込み】や、警察の書類作成などの事務仕事の【スピード感】の違いを表すと、
⏬⏬
『民間企業』≧『警察』

 

※高利益のホワイト企業や大企業は同じくらいかな?と。

 

と比べると、会社ら業種によっては相当な開きがあると断言できます。

 

民間企業のシビアさ

 

つまり、

 

⚫営業なら→しっかり利益を確保できない人間
⚫事務なら→しっかり利益を管理できない人間

はとことん追い込まれます。

 

持ち帰りの仕事は勿論のこと、休日でもプライベート中でも関係なく『仕事』の連絡が来ることが多々あります。

にも関わらず、

大体の民間企業の場合、

警察官よりも【年収】が相当落ちます。

 

民間企業の年収は?

 

営業職で歩合が大きな職種の場合は、年収700万~1000万、もしくはそれ以上と到達しますが、相当にノルマは厳しいです。

 

警察官が入れるような高収入の営業となると【不動産の販売など】、ほぼ、ブラック企業ばかりだと思われます。

 

事務関係の仕事だと、年収300万~500万円くらいだと思います。

 

ノルマは厳しくないですが、持ち帰りの仕事や休日仕事対応などをしなくては行けない場合もあります。

 

警察官の年収は?

警察官の場合、年齢や家族構成、階級や所属の課によって違うと思いますが 、公安職公務員なので基本的には『かなり高めの年収』かなと思います。450万~1000万くらい。

 

御家族がいる方は特に、転職する場合、年収面での折り合いをつけなくてはいけませんよね。

 

現役警察官の転職先での扱い

 

仮に警察を辞めて転職した場合でも、最初は『元警察』ということでチヤホヤされますが、馴れてくると徐々に周りとの壁を感じてくると思います。

警察官は、社会人として基本の

 

【ビジネスマナー】【電話対応・メールマナー】

 

など、ほとんど学ばずに歳を重ねていくので、社会人としての基本に慣れるまで相当苦労致します。

 

こんなステータス

 

※社会に出ると、警察の方のステータスは『相当尖ってる』のを感じる思います。

 

 

だが、しかし、
警察の『尖ったステータス』をそのまま活かせる【ピッタリな職業】もしっかり存在致します。

その職業を僕の経験を踏まえた上で、独断と偏見をもってランキング形式でオススメさせて頂きます。

 

警察官のオススメ転職先

30代以上の現役警察官の場合

1️⃣警備会社

警備会社の場合、
警察官という『職業』、警察官で培われる『スキル』、警察組織での『人脈』など、もうほぼ全てが優遇されます。
※逆にやっかみを受けるほどです。

年収は、【警備の業種、夜勤の有無、残業の有無、資格の有無】などで相当ばらつきがあります。

僕は警察官の辞めた後、『警備の現金輸送』の仕事をやってましたが、扱いを相当優遇されました。
面接も2分で終わりました。
年収も、落ちはしましたがまあまあ良い年収を貰えてました。

2️⃣タクシー会社
こちらも警察で培った能力を使えます。
職質などで鍛えられた『声かけ能力』、交通違反を探すときのように乗客を目で捉える『眼力』
そして、勤務していた管轄の近くに行けば、『土地勘』もフル動員できます。
年収も歩合含めて600万以上狙えるそうです。

また、ゆくゆくは【個人タクシー】を目指すのもありかと思います。
※ただ、二種免許取るのが中々大変とのことです。

⏬ドライバー転職サイト⏬

ドラエバー(スマホ)

 

3️⃣不動産管理会社
こらちも元警察官は重宝されます。
社会人基本スキルさえ身につければ、ほとんどが『交番』の仕事に近いモノになります。

【住人からのクレームや相談。修繕の依頼。空いた部屋の客付け。家賃の管理など…】

持ち帰りの仕事や休み中の連絡などあるのがデメリットではあります。
あと、年収が結構低めです。基本的に夜勤や歩合がないので…

1️⃣と3️⃣については下記参照⏬

 

20台の若い現役警察官の方

 

20代の若い警察官の場合は、まだまだどこの職業に行っても可能性はあります。

なので、

上記で紹介した職業以外にも、

今後、人生で間違いなく使える

【営業職】

への道など、

色々試してみましょう。

転職サイトに登録するのもありかと。プロに相談して自分向の仕事を探してみるのも良いと思います。

 

警察官の転職についてまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

『警察官の尖った能力、高年収』

 

というものを、上手く

【活用】【克服】

 

できれば、活躍できる場は割りと沢山あることがわかります。

 

最後に、年収面の悩みについてアドバイスさせて頂きますと、

僕ならば警察を辞める前に、

 

【公務員という高属性】

 

を活かして、ローンを組んで『戸建物件最低2戸』を購入→客付けし、【家賃収入を貰えるようにして】から辞めますね。

 

色々、人事やらが難癖をつけてくる可能性も否定できませんが、辞めるのを決めているのならば全く問題ないと思います。

 

※下記も参照してみてください

となると、

 

現役警察官の転職は…記事冒頭では止めていましたが、あながち悪くもないかもしれませんね?

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました