スポンサーリンク

業界の繁忙期を終えて…【取捨選択は必要】

仕事全般
この記事は約3分で読めます。

皆様おはようございます。

久々の平和な朝でございます。

リフォームや修繕関係の繁忙期が、2月中旬から始まり4月上旬でようやく落ち着いてきました。

この繁忙期…

はっきり行って、完全に我々の業務計画が破綻しておりました…

【頂いた案件はすべて受ける】

という、代表者の方針の元、営業として案件を受注しましたが、

3月中旬に完全に破綻をして、

朝~夜(リアル23時)まで

施工の手伝いをしておりました。

『荷物運搬、クロス剥がし、ルームクリーニング…etc』

その間、電話対応、クレーム対応、書類作成を行っておりました。

一番ひどかったのは、あまりにも時間が無さすぎて、車運転中の信号待ちでノートパソコンで『見積もりや資料作成』を行っていたときです。

さすがに、心身ともに疲弊してしまいました。

⚫家族ともほとんど話せず、クレーム対応で電話し続ける毎日…

⚫ギスギスした仲間達との関係

 

途中で、この無謀な方針に嫌気が差し、独自(営業仲間とも話し合い)の判断で新規案件キャンセルを行っておりました。

その結果、4月の上旬で繁忙期が落ち着いたようです。

下手したらこのまま、5月のゴールデンウィークまで休みなく働くことになっていたかもしれません…

このように、途中でゴールが見えないと、最後まで走り切ることが非常に困難になります。

 

受けれる案件を受け、無理な案件は断る

 

この取捨選択こそが、繁忙期には何よりも必要だったことがわかります…

 

【休みもなく仕事をしているので、当然、仕事の質が下がりクレームを受ける…】

 

その空しさと経営の無謀さに嫌気が差し、各社員の士気がドン底に落ちております。

 

他の社員は、

【共同経営とうたってる以上、繁忙期で得た利益は必ず分配させる…無理なら抜ける。アルバイトしたほうがまだマシ!】

 

という断固たる徹底抗戦の考えになっておりますし、

 

僕に至っては、

【副業(僕個人の事業)の成果が出て来ているので、この本業の出勤日数を減らしていきたい…むしろ、副業一本で行きたい…】

 

という、独立心が芽生えてしまいました。

この繁忙期、

売上・粗利面では中々な成果が出たと思いますが…

チームがバラバラに霧散してしまいました…

『金は稼ぐが仲間を失う』という

醜悪な結末を迎えて、我々のチームの代表者はこのあとのリカバリーをどうするのか…

非常に気になります。

代表者さん…この繁忙期、チーム内でかなりの遺恨が残っているので、相当気を使って我々のリカバリーを行わないと…間違いなくチーム解散しますよ?

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました