スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』を観て

その他
この記事は約2分で読めます。
岡田くん、素敵な肉体美

今日、仕事を少し早く終わらして、会社の仲間達と映画『ザ・ファブル』を観てきました。

時間は、約二時間ほど…ビールを飲みながら観ると一度はトイレに行く感じですかね(笑)

評価としては、『まあまあ』かなと… 漫画から入ってしまった僕としては、いかにして、岡田准一くんが「佐藤」のあの無気力感を出しつつアクションをこなせるか…がすべての焦点となっておりました。

常人にこんな動きできます?

なんと、、、岡田くん、佐藤の動き出来てました!!(笑)

原作のこのシーンなんかもそのままでした(笑)

やはり彼はすでに人間ではないんでしょうね(・・;)

ただ、敵の暗殺者を『福士蒼汰』にしたのは失敗だったかなと思います…

福士蒼汰くん

イケメン過ぎる(笑)

決して!彼の演技が悪いわけではない…だが、イケメン過ぎるのは痛手(笑)

あとの女性たちのキャスティングはとても素晴らしいと思います!!😊

あと、なんと言っても、『安田顕

とっても深みがある良い親分役を演じられておりました!!

渋い!!!

ただ、一つ、漫画を見てから映画を観てしまうと…どうもしっくりこないんですよね…(・・;)

この作画!!

あの世界観、そして、キャラクターたちは、あの『南勝久』先生の描いた作画だからこそ生きるのではないでしょうか😅

と言いつつも、見応えのある作品ですので、良かったら皆さん、

映画『ザ・ファブル』見てみてください!!!

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました