スポンサーリンク

凄腕アパレル販売員の極意

仕事全般
この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

元凄腕販売員

本日、付き合いのある職人さんとお酒を飲んできまして、

その職人さんの奥様の中に

【元アパレル販売員】

の方がいらっしゃいました。

もともと、大手のアパレルメーカー勤務で、都心のエリアマネージャーまでこなしていたそうで、

仕事を辞めた今も、

個人で販売の受注を受けて国内外に服やアクセサリー等を販売をしに行くようです。

『販売員のフリーランス』

ですね!

 

そして、今日の会合の中で、

  • 【販売と営業の共通点】
  • 【販売の極意】

 

を聞いてきました!!

 

これは【営業】と【販売】がお互いのプライド無しで語り合って初めて気づくことかもしれません。

販売と営業の共通点

営業と販売員の共通は、

【接客後のクロージングが同じ】

とのことでした。

⏬さまざまな手練手管で御客様を捕らえ

⏬気に入って頂き

⏬商品を提供する

 

と言う【大まかなクロージング】まで入り方が同じということです。

同じくモノを提供する職業ということですね。

販売の極意

また、販売の極意としまして、

【時間を有効に使うため、購入見込みが薄い人間から早めに遠ざかる】

こととのこと。

ぱっと聞いて意味が分からなかったのですが、

⚫売上になりそうにない客を見抜き一切相手にしない

⚫変だと思った客に話掛けられたら、クレームを貰わないように受け流す

⚫観察眼と逃げ足のコラボ

とのこと。

費用対効果のみならず、

時間対効果重要視

しているのが分かりました。

我々営業も、

見込みがほとんどない客、もしくは、クレーマー気質の客

を瞬時に判別して遠ざけることが出来れば、その後に掛かるであろう

不必要な労力が改善されます。

 

まとめると…

つまり、販売の極意とは、

【悪い客を見極め、それから逃げ切ること】

というなんとも後ろ向き&保守的な戦法でございました。

営業の鉄則、

『良い客を見極め、その客に取り入る』

 

 

 

 

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました