スポンサーリンク

ブラック企業の辞め方【ゆっくり正当に辞めるバージョン】

ブラック企業
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ブラック企業、辞めれない理由

 

『うーむ、この会社ブラック過ぎるからぼちぼち辞めようかな』

 

と思い立っても、

すぐ行動できない方

非常に多いと思います。

理由は至って簡単です。

 

『辞めるのが面倒くさい!!』

 

その一言につきます。

 

⚫仕事の引き継ぎがあるし…
⚫どうせ上司に引き留められるし…

 

などなど、仕事を辞める上での

【障壁】が何重にもあります。

また、

⚫残った仲間達が大変になる…

など、ブラック企業なりの仲間との団結と居心地の良さを感じてしまっているのも、原因の大きな一つとして考えられます。

 

まだ余裕がある方、オススメな辞め方

 

辞めたいけど辞められない。

明確な大きい理由がない。

 

今回、そんな方にオススメの辞め方を伝授します。

それは、

【引き継ぎをある程度終わらし、上司に引き留められないくらい説得をし、残る仲間達から賛同を得てから辞める】

ことです。

 

要するに、

 

『すべての理由をある程度片付ける』

 

という、至極真っ当な辞め方になります。

 

まだ余裕があり、真面目な方の場合

『取り急いで辞めると仕事に穴が空くかもしれないし、上司の賛同を得て、次の仕事をちゃんと決めてから辞めたい』

と考えると思います。
このような方の場合、辞めるためには、
『引き継ぎを終わらせる』『上司にも理解して頂く』
が必要不可欠なのです。
なので、
①転職活動をしながら、空き時間で引き継ぎ準備
②目ぼしい転職先が決まったら、上司に報告
③上司から引き留められても説得し退職を勝ち取る。そして、転職先に報告する。
④引き継ぎと与えられた仕事をある程度完了させる。
⑤同僚や上司、外注先としっかり挨拶をして、今後の関係性を構築しておく。
⑥最後は有休を全て消化する。
と段階を踏んで辞めるのがいいかと思います。
期間として、
①を無制限。転職先を見つけるまで。 
②~④を1ヶ月
⑤~⑥を1ヶ月
くらいのスパンで見ておけば良いと思います。

転職先を早く探すのが鍵!!

まだ精神的に余裕がある方の場合、
この①の転職先をしっかりと見つけるのが、となります。
現在よりも条件が良い転職先ですと、
自分自身も退職に気合いが入りますし、退職を報告された上司も決意は固いと諦めて背中を押さざるを得ません。
もし、引き留められた場合でも、
良い条件の転職候補に対抗するため『給料アップ』などを提示してくるかもしれません。
どちらにしても、自分自身にとっては良いことだらけです。
良い条件の転職先をより早く見つけること。
これを達成するために、色々と作戦
を練る必要があります。
⚫ハローワークに地道に通う。
⚫外注先や取引先に引き抜いてもらう。
など方法は多々ありますが、
その中の一つに
⚫【転職サイトや転職エージェントを利用する】
というもございます。
詳しくは、下記記事を見てみてください!
と、ブラック企業にいながらもまだ余裕のある方は、このような正当な方法での転職をする方が安全かと思います。
が、このように限界の方の場合、なりふり構わず即効で退職してしまうのが賢明ですよ!!!
是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました