スポンサーリンク

中国人女社長 貧困からの脱出

投資関係
この記事は約2分で読めます。

都内の市内の、とある大金持ちの女性の実話です。

それは相当昔の話、中国人で言葉も分からない、子供が二人いる状態で食べるご飯もない状態…

幼子を背負い市役所に出向き、残りの残金かほぼ無く、

『今日食べるご飯が無い…助けて』

と、幼子の前で赤の他人に頭を下げなければいけないという、

【貧困】という『極限の経験』

それでも子供を食べさせなくてはいけない時、どれだけ恥ずかしい思いをしようとも子供にしっかりご飯を食べさせる。

ほとんど日本語を話せない中、日中仕事をしてその後に夜の仕事をしていたそうで、毎日イビられようとも、例え心が病もうとも、子供たちのために仕事を続けたそうです。

6年間、子育てをしながら昼夜の仕事をしていき、日本で事業を起こすため種銭をため続ける。

 

その【ハングリー】さが、

己を研ぎ澄まし人間観察力を鍛える。さらには、お金への嗅覚を最大限に強めたそうです。

そうして、

たくさんの『成功・失敗・出会い・裏切り』を経て、子供達を無事に社会で独立させ、御自身は経済的独立を果たしたのである。

この話を聞けたのは天恵の導きでありました。

『ハングリー精神』

俺ももっと餓えてやる…

是非とも応援お願い致します!
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました